e-Tax、eLTAX

法人税の確定申告及び納税に際しe-Tax、eLTAX「地方税ポータルシステム」を利用してみた。

e-Tax、eLTAXを利用する際必要になるものが、カードリーダー。電子署名する際ICチップの埋め込まれた住基カード(現在はマイナンバーカード)を読込み送信する必要がある。
e-Taxで個人の確定申告はWEB上のフォームに入力していことで申告が完了するが、法人の場合は専用のアプリケーションをインストールしなければならない。eLTAXは「PCdesk」というアプリケーションのインストールが必要である。それぞれのアプリケーションの利用に当たっては利用登録が必要となる。

e-Tax
etax1.JPG

こちらがe-Taxのメニュー画面で、メニューの「作成」で確定申告に必要な帳票のフォームを呼び出し、それに入力をしていく。
このメニューの順番通りに、帳票の作成が完了したら収める税額の明細など「納付情報」を入力、それら帳票に「電子署名」をする。ここで、カードとカードリーダーが必要になる。電子署名が完了すると、送信可能な状態となるので、送信し完了。

eLTAX
3-psdeskメイン.JPG

4-psdesk申告メニュー.JPG

eLEAXは地方税申告に併せネットバンクの利用があれば、納税まで行える。
申告データーを作成し送信。
9-psdesk納税メニュー.JPG

電子納税メニューで納税の手続きをすれば、納税もネット上で完結できる。
ただ、納税情報を送信後。受信確認の連絡がきてからの納税となるなので、即日の完了とはならない。(受信確認は初回だけかもしれないので、2回目以降は即日完了が可能になるかもしれない-未検証)

確かに、申告書を作成し税務署に持参、納税を机上のパソコンで完結できるのは時間、経費のメリットは大だ。しかし、最初は利用者情報の登録、アプリの利用方法、任意の帳票がどこにあるのかなどけっこうな時間を割かなければならないので、それは覚悟が必要だろう。

 

カテゴリー: Internet, LIFE パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です