Windows8、ブルーレイドライブ、地デジチューナー接続

Windows8、64bitに乗せ換えたamidala3のデバイスのインストル作業を行た。amidala3には外付けHDD、ブルーレイドライブ、地デジチューナーが接続してある。外付けのHDDは特殊のデバイスではないのでネットワークと同様Windowsのインストールだけで問題なく使える。
LBD-PME6U3VBK.jpg

ブルーレイドライブ(以下BD)は同梱のインストールディスクでドライバーや関連ソフトのインストール。ここでちょっとしたトラブル。エクスプローラで見るとBDは認識されているが、ディスクを入れてもファイルを読み込まない、アクセスランプが点いたり、消えたりしているだけだ。おいおい今のBD「LBD-PME6U3V」だが、Windows8にしたら使えなくなってしまうの? 8用のドライバーがあるのか、同じような症状の解決策はあるのかネットで散々探したが適切な解決策が見当たらない。さてどうしようと思ったら、USBハブの電源コードが外れているではないか。そうそう、このBDはUSBのバスパワー不足で使えなかったので、AC電源つきUSBを使っていた。AC電源を繋いだらなんの問題もなく使えた。
tvtuner-thumbnail2.gif
3tv-thumbnail2.jpg

次は地デジチューナーだがこれは結構面倒だった。「BUFFALOのDT-H45/U2」はドライバーがインストールできない。なぜできないかは不明。「I・O DATAのGV-MVP/XZ2」の方はWindows8用のドライバーが用意されていたので、「I・O DATAのGV-MVP/XZ2」を接続することにした。 インストール方法はまずWindows8用のドライバー(インストーラー)を同社サイトからダウンロードし、解凍しておく。解凍すると自動的にデスクトップにフォルダーがつくられる。 同梱のインストールディスクから「mAgicaTV」だけをインストールし、すぐアンインストール。このとき再起動しないで、アンインストールはインストールディスクのメニューからではなく、コントローパネルのプログラムのアンインストールで行わないと次のステップに進めない。 アンインストール後ダウンロードしておいたWindows8用のインストーラーを立ち上げ、「自動インストール」作業を行う。
汎用のDBと地デジチューナーなのに結構な時間を割いてしまった。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ロジテック LBD-PME6U3VBK USB3.0対応ポータブルBDドライブ

価格:8,920円 (2013/11/23 04:38時点) 感想(0件)

USB3.0対応ポータブルBDドライブ レッド LBD-PME6U3VRD【代引不可】【送料無料!】

価格:8,799円 (2013/11/23 04:38時点) 感想(0件)

ロジテック LBD-PME6U3VSV (シルバー) (USB3.0接続 ポータブル ブルーレイドライブ)

価格:6,820円 (2013/11/23 04:39時点) 感想(0件)

【送料無料】【中古】IO DATAGV-MVP/XZ2【291-ud】

価格:5,980円 (2013/11/23 04:43時点) 感想(0件)

カテゴリー: Hardware, Maintenance, Windows パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です