登下校メールシステム

この9月から子供の小学校で「登下校メールシステム」というものがテスト導入された。登下校時に学校に設置してあるカードリーダーに専用のICカードをタッチすると指定のメールアドレスに子供がICカードをタッチした時間がリアルタイムで送られてくる。
card_design01.png

子供が学校に着いた、または学校を出た時間がメールで送られてくる。子供の行動を見守り事故を未然に防ぐ、また速やかな対応に繋げるということだ。
s_mail.JPG

我が家では以前から子供のランドセルにスマホを忍ばせ、GPS機能で子供の行動を監視している。これまでもau「mamorino」、ソフトバンク「みまもりケータイ」など利用してきたが、現在はコスト高ではあるがiPHONEを持たせ「iPHONEを探す」「友達を探す」アプリを利用している。マップに子供の現在位置がリアルタイムで表示されるので子供の行動把握にはもっとも適している。

登下校システムの場合万が一他の子供とICカードが入れ違った場合(いたずらや、なんらかの拍子にカードがすり替わるなど)普段子供たちは概ね同じ時間に登下校しているので親には送られきたメールだけではそんな場合は気づかないだろう。
常に他の子供のスクールメールを受取っていたいたなどという笑えない、笑い話になりはしないだろうか・・・
登下校システムスクールメールの利用に際しては月額250円、年間3,000円の利用料がかかる。我が家のようにスマホのGPS機能を利用していれば特に必要なのかとも思うが、妻がどうしても子供に持たせたいということで今回は引き下がって妻の意見に従った。
詳細↓
「地域見守りネットワーク協議会」
http://www.rpna.or.jp/

 

カテゴリー: Internet, iPHONE, LIFE, Maintenance パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です