10年前のPCを今のゲームマシンに・・・その2

過日記事にした10年前のPCを現在のオンラインゲームできるようにグラフィックボードの載せ替えをし、何とかやりたいと思っていたオンラインゲームができるようになった。

それから数日してまた別のオンラインゲーム-MMORPGに興味が沸き、早速インストールしてみると、家にある中ではもっとも新しいパソコンでもゲームの画質を最低に設定し何とか動かせるというものだ。折角の綺麗な3Dグラフィックが今の家にあるパソコンでは楽しめない。
パソコンをそっくり取り替えるにはコストがかかり過ぎる、当たり前だ。取り合えずグラフィックボードの交換をすることにした。これまでみたいにハードオフ(ユースショップ)にはこのゲームの要求を満たせるグラフィックボードは置いていない、正規品を購入するしかない。
グラフィックボードは上をみたら切がない、今回は低予算で購入できるNvidia GeForce GTX1050を購入した。
これを家にある中ではもっとも新しいインテルCore i7のCPUが積んであるPCに取り付けこれで何とか満足のいくグラフィックでゲームを楽しめるようになった。それでも最高品質ではないが、1個のゲームにこれ以上はコストはかけられない。

現在家にあるPCで今説明したものが、これまでGeForce GTX750使っていたものをGTX1050に、
IMG_0661.JPG

その派生で2台目のPCがこれまでGTX250を使っていたものにお下がりのGTX750に、
IMG_0662.JPG

3台目(記事にした10年前のPC)がRadeon HD7770からNvidiaのGTX250になった。特筆がRadeon HD7770からNvidiaのGTX250にした最も古いPCだが、同じゲームがさら高品質で動かせるようになった。
IMG_0663.JPG

「あくなき挑戦-10年前のPCを今のゲームマシンに・・・」がほぼコンプリートといっていだろう。

後日談、ゲームマシンとして生き返らせた10年前のPC、その数日後急にBIOSも立ち上がらなくなり完全に死んでしまった。ゲームマシンとして生き返ったのは2~3日だけであった。

 

カテゴリー: Game, Hardware パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です