パーティションの変更「EaseUS Partition Master」

Windows7で使っているノートPCだがこのところC(システム)ドライブの空き容量が数ギガになってきた。この先新規にソフトなどをインストールするようなときに数ギガでは心もとない。
現在500GBのHDDをC(システム)ドライブとデータの保存用のEドライブ(通常Dドライブとすることが多い)とに概ね250GBづつに分けてパーティションを切ってある。
そこでEドライブの容量を減らし、システムドライブに割振るパーティションの変更を行うことにした。
Windows7では「コントールパネル」→「システムとセキュリティ」→「管理ツール」とし、この管理ツールでパーティションの変更ができる。
ディスク管理.JPG

ところがこの管理ツールではシステムのCドライブの容量を縮小はできるが、拡張はできない。そこで今回Windows用のフリーのパーティション管理ソフト「EaseUS Partition Master」を使ってみた。変更するドライブの容量の増減を指定し、操作が完了したら左上のチェックボタンをクリック。
言語には日本語もあるので使い勝手に苦労することもなく、データ用のEドライブから100GBほどCのシステムに移行できた。ただ、Cのシステムドライブはそのままの状態で容量だけ拡張できたが、縮小したEドライブに保存していたデータはすべて消えてしまった。バックアップはしていたので問題はなかったが、要注意である。
パーティション管理.JPG

今回のようにシステムドライブの容量不足が起きないようパーティションを切らずワンドライブで使う方法もあるのだが、OSの再インストールが必要になった場合、パーティションを切ってデータを保存しておくとデータをそのままにして再インストールなどの操作ができる。データを別メディアに移し、また戻すという手間が省ける。また、ディスククリーニングやデフラグなどシステムドライブとデータドライブとで分けてできるので若干ではあるが時間の節約にもなる。

 

カテゴリー: Software, Windows パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です