あくなき挑戦-10年前のPCを今のゲームマシンに・・・

過日大失態をした古いPCのグラフィックボード(バス違いを購入)、ホビーオフの安いものだったのと、自分のミスなので返品をせず未だ家で眠っている。そんな中安い(いつもこれだが・・)ディスプレイを物色しにホビーオフに。すると、PCI-Expressのグラフィックボードがあるではないか。ホビーオフはユースショップ(中古販売)なので品揃えは日々違う、まるで自分のためにだれかが持ち込んだのかのような思いになってしまった。何かのめぐり合わせ買うしかない!
IMG_0656.JPG

ものは「玄人志向RH-7770」、ATI Radeon HD7770搭載 PCI-Express グラフィックボードだ。衝動買いしたはいいが、なんせ土台が10年前の自作PCだ、トラブルにみわれなければいいのだが・・・
rh7770-e1ghd_dp_s.jpg

早速取り付けてみたが、やはりまったく認識されない。当然ディスプレイを繋いでも何も映らず(BIOS画面も表示されない)まったく使い物にならない。
まあ、マザーボードやそれに関わるパーツはよく言う相性というものがあり、ハード的には取り付けられても実際には使えない。
諦めかけていたときだ、グラフィックボードをよくみると電源供給用のコネクタがついている。まったく取説もみないでやって大きな過ちを犯すところであった。そうこのグラフィックボードは電源供給が必要なものだ。
そして電源コネクタに電源を供給すると、認識OK!
IMG_0648.JPG

ところが「ATI Radeon HD7770」として認識しない、Microsoftの基本ディスプレイアダプターのドライバーが自動的にインストールされてしまう。付属のDVDやネットから「ATI Radeon HD7770」のドライバーをダウンロードしてインストールしても、グラフィックボードとして認識されていないので「このデバイスには最適なドライバーソフトウェアが既にインストールされています。」となってしまう。やはりまた無駄な出費をしてしまったのかと脳裏をよりる。
・OS、Windowsの再インストール
・マザーボードのドライバーのアップデート
なにをやってもグラフィックボードが認識されず「ATI Radeon HD7770」のドライバーのインストールができない。何度もこのいやなブルー画面に見舞われた。
IMG_0654.JPG

最後に試したのがBIOSの更新だ。更新といってもPCは10年前に自作したもの、マザボード自体は更に古く、BIOSもネットでダウンロードしたが、最新版が2010年、7年も前に最終のアップデートが終わっている。
結論、BIOSをアップデートしたところグラフィックボードが認識され、ドライバーも無事インストール完了!
IMG_1028.JPG

10年前はWindowsXPで使っていたが、現在はWindows7、8、10が主流で、今回インストールしたのがライセンスのある「Windows8.1Pro」。OSのアーキテクチャーも進化しているので、10年前のPCを現在のOSで同じように扱うには無理があるようだ。それでもインストールしたオンラインの3DRPGが今回グラフィクボードを差替えたことで問題なくスムーズに動くようになった。
達成感はあるが、こんなことにここまでお金と時間をつぎ込んで意味があったのか疑問符である。

 

カテゴリー: Game, Hardware, Software, Windows パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です